幻想的な光と日本伝統文化につつまれる 特別な年越しのひととき

約4万人が、光のアートと日本伝統文化の共演に酔いしれた!
特別な年越しのひととき、各界の第一人者が集う夜

鮮やかな光に彩られ、漆黒の空に浮かび上がる伽藍と木樹を縫って、いつしか聞こえてくる荘厳な鐘の音……。
境内に灯る無数のキャンドルと相まって、それはまさに歴史と光が織りなす一大アートイベント。
2016年12月31日20時~2017年1月1日1時30分、代表の藤田正彦がイベント企画・プロデュースする
4回目の「東別院 初鐘×D-K Live デジタル掛け軸」が開催されました。

D-Kデジタル掛け軸に彩られた空間に浮かぶ、
能の舞と和太鼓の音、そして響き渡る初鐘が
もたらす心のゆとり。
これは日本の伝統に根ざした新たな文化といえます。
この催しを、未来を担う子どもたちにさまざまな支援を
行う場として位置付け、今と未来をつなぐ架け橋としていきます。
今回も約4万人という大勢の方にご来場いただき、
日本文化と家族の絆の大切さをお伝えすることができました。

大みそかに懸ける想い

実行委員長 藤田 正彦 株式会社テラ 代表取締役

タイムスケジュール

オープニング

実行委員長/企画・総合プロデュース 藤田正彦

和太鼓 山田純平

D-K デジタル掛け軸

長谷川 章
アーティスト 長谷川 章
日本民間放送連盟TVCM部門最優秀賞をはじめACC賞等数々の賞を受賞。大河ドラマ「琉球の風」ほかニュースやスポーツタイトルをはじめ、中国電視台(CCTV)のロゴやtvcmなどを数千本制作。後に東洋人の持つ無常の精神からD-K(デジタル掛け軸)を発明した。現在、人間という生物のリズムを取り戻す新しいアートカテゴリーであるD-K Liveを世界各地でインスタレーションしている。
http://dk.popculture.jp/

D-K デジタル掛け軸とは

D-K (デジタル掛け軸)は、デジタルアートの先端を走り続けた長谷川章が辿り付いた、時空を超えた芸術。アトランダムに組み合わされた百万枚を超えるデジタル映像を、複数のプロジェクターで歴史的建造物や雄大な自然に投射して創り出す幻想的な空間です。
それはまさに一期一会のアート。地球と生物のリズムでゆったり移ろい、見る人が思い思いの情感を心の中に描くことができる、日本が世界に誇る新しい芸術といえるでしょう。

和太鼓

山田 純平
和楽総合芸術集団 山田純平×熱響打楽
和太鼓奏者 山田純平により創設されたプロの和太鼓集団。本格派和太鼓を軸として、和楽器(篠笛・津軽三味線・尺八・箏)や日本の舞踊を取り入れた「和楽総合芸術」をテーマに独自の舞台作りを行っている。2016年9月~全国8カ所でのホールツアーを敢行中。西尾市制60周年記念「千人太鼓」、日本ガイシホール500人太鼓「あゆちの鼓動」の作曲・総指揮を行うなど数々のイベント・楽曲プロデュースも手がけている。
http://nekkyo-dagaku.com/

能舞「煩悩の舞」

辰巳 満次郎
能舞:シテ方宝生流 辰巳満次郎
シテ方宝生流能楽師。東京都在住。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。50年ほど前より名古屋の舞台に出演、現在は毎月指導や舞台出演に訪れる。能の家に生まれ伝統を重んじつつも、シェークスピア作品などの新作能のほかオペラ能、歌劇などの演出・主演をする。世界の聖地・歴史的建造物・森羅万象に祈りを捧げる源流の芸能としての表現を体現する。2001年、重要無形文化財総合指定の認定を受ける。2011年、2012年に文化庁文化交流使に任命される。 能笛:笛方藤田流 竹市学
http://manjiro-nohgaku.com/

能舞「祓いの舞」 

能舞「祓いの舞」        

能舞「鎮魂の舞」「迎えの舞」

大焚き火

東別院ボーイスカウト名古屋第30団

初鐘

真宗大谷派名古屋別院

名古屋別院の鐘は1692年(元禄5年)に鋳造され、戦時中の供出を免れた歴史的にも貴重な鐘です。高さ177.5センチ、口径108センチで江戸時代の鐘としては市内最大の大きさです。2004年名古屋市教育委員会から名古屋市有形文化財に指定されました。 新しい年の始まりに、鐘をつき、法話に耳を傾け、あらためて仏様の真実の教えを聞き続ける歩みを始めましょう。

困難に立ち向かう子供たちにひかりを灯す

陶芸家 水川幹康 常滑焼ランプシェード&キャンドルナイト
山門では、地球平和と家族愛をテーマにしたキャンドルナイト。それ以外にも会場内に多くのロウソクが置かれ、会場内を幻想的に灯します。また、明るい年が迎えられるようにかがり火が並べられ、年越しのひとときには2メートル以上の焚き火を行いました。

チャリティーブース

一般社団法人aichikara/海外支援団体 スマイルコンテナ

常滑焼ランプシェードやキャンドルがやさしく灯るこのエリアでは、不用品を集めてアジア各地の貧しい子どもたちへ届ける活動を行う、常滑を拠点とする「海外支援団体 スマイルコンテナ」が、常滑の野菜や焼き物などを販売。東日本・熊本などで被災した子どもたちに元気を届ける活動を行う、愛知県の「一般社団法人aichikara」が東北をはじめとする物産販売で参加します。これらの売上の一部は、活動の基金として寄付されます。

FOOD D-K BAR

FOOD 屋台・キッチンカー

主催
真宗大谷派名古屋別院
実行委員長/企画・総合プロデュース
藤田 正彦
株式会社テラ 代表取締役/一般社団法人中川運河キャナルアート 理事長
協力(50音順・敬称略)
D-K デジタル掛け軸
ARTIST 長谷川 章
能舞
シテ方宝生流 辰巳満次郎
能笛
笛方藤田流 竹市学
和太鼓
和楽総合芸術集団 山田純平×熱響打楽
困難に立ち向かう子どもたちにひかりを灯す
海外支援団体スマイルコンテナ / 一般社団法人aichikara
常滑焼ランプシェード&キャンドルナイト
陶芸家 水川幹康
大焚き火
東別院ボーイスカウト
和太鼓 協賛
タケウチテクノ株式会社
映像撮影&編集
岡根智美
MC
金澤智恵美
タイムレイプス撮影
加納将人
写真撮影
有限会社クリエイティブ・イワイ
照明
株式会社工房JINTA
運営
コントラックス産業株式会社 / 合同会社よしみふぉれすと
竹提供
NPO法人桑竹会 / 美浜町竹林整備事業化協議会(モリビトの会)
Webサイト・ポスター・チラシ・看板
株式会社テラ
ディレクション
服部祥子
オブジェ制作
横井雅之
ワーロン紙提供
株式会社ワーロン
辰巳満次郎写真撮影
KOICHIRO PHOTOGRAPHY
スマイルコンテナ
株式会社RFロジネット / Tom Planeter / 山下園芸 / やましょう農園
D-Kカフェ&バー
Gilberto
飲食エリア
mikadoと仲間たち

このイベントは、多くのボランテイアによって
支えられています。

このイベントに関するお問い合わせはこちらから
お問い合わせ
052-684-6611

一覧へ戻る